私が高校時代に好きだった人は、クラスメイトでもなく、部活の先輩でもなく、新卒で入ってきた先生でした。
最初はかっこいい先生がいると友達から教えられ、先生のものに連れていかれ、特にきゃーかっこいい!と思うこともなく、話しやすい先生だなということで話していました。けれど、部活終わりで19時頃、自転車小屋で友達と別れて帰ろうとしたら、自転車がパンクしていました…両親はまだ仕事から帰ってきていなかったので、迎えは頼めないし、45分かけて歩くしかないかな、と悩んでいました。すると部活の顧問をしていた帰りだった、その先生が「どうしたん?」と声をかけてくれました。パンクのことを話すと、わざわざ空気入れを持ってきてくれ、「なんとか空気入らんかな?」と暗い中、いろいろ考えて、自分の手を汚しながら頑張ってくれました。私が「大丈夫!歩いて帰るよー」と言うと「女の子はこの時間歩いて帰ったら危ないやろ」と言われて、なかなか女の子扱いされない私はきゅんとしてしまったのです。単純です(笑)
「送っていってあげたいけど、1人だけ特別扱いすると後からがめんどくさいしな」と悩んで考えた結果、電話番号とアドレスを教えてもらい、危険だと思うことがあったら電話する、無事着けたらメールする。ということで歩いて帰りました。この時点で先生のことを好きになっていた私は、電話番号とアドレス交換できたー!とルンルンでした。無事着くことができ、連絡すると「無事着けて良かった。送っていってあげれやんくてごめん」と優しいメールがきて、嬉しかったです。それから先生とはより仲良くなれ、片想いを楽しみました。先生が担当の教科は勉強も頑張りました!結局、その先生には告白も何もせずに卒業しましたが、卒業して大学に入ってもたまに連絡を取ったりして、なかなか想いを断ち切れませんでした。けれど、少しずつ気持ちは薄くなってくれ、今ではいい思い出として残してあります。好きになって高校生活楽しくなれたな、と思います!ありがとうございました!女性ホルモンを増やすには?